大学生の頃は飲みすぎても健康でした。

私は大学生の頃ほぼ毎日お酒を飲んでいました。とにかく、どんちゃん騒ぎが大好きで毎日どこかで飲み会があると必ず参加していました。それくらい大好きでした。20歳くらい若い女の子が何を言っているのだろうという感じだと思います。しかし、20代前半は本当によくお酒を飲みました。しかし、どんなに飲みすぎても今と違う事が1つだけあります。それは、健康です。若い時はどんなに毎日お酒を飲んでも本当に驚くくらい健康でいつも元気でした。体調を崩すなんて事はありませんでした。もちろん二日酔いとかはありますがそれ以外体のどこかを壊してしまったとかそういうのはありませんでした。しかし、20代も後半になるとそれはなくなってしまいました。

それはもしかしたら、20代前半で無理をしすぎたのかもしれません。それはどういう事かというと、20代前半は体もすごく若いので昨日も何も衰えていません。しかし、その毎日の積み重なるお酒で段々と色々な機能に無理が生じてきているのだろうと私は思いました。少し飲みすぎただけでもう次ぎの日は動けません。もう飲むことも段々と疲れてしまって今33歳ですがお酒はほとんど飲みません。子供を出産して子育てをしていると飲むことも確かに忘れてしまいますがそれでもお酒を飲みたいとも思いません。最近は若い頃のお酒を飲みすぎて二日酔いになってきつかった事とかをすごく思い出してしまい飲みたいという気持ちが本当にありません。少しならいいですが飲みすぎはやはり健康に悪いです。