飲みすぎは健康にはよくありません

普段はそれほど飲まないという人でも、飲み会などに参加した時には、他の人の手前どうしても頑張って飲まなくてはいけない、そんな気になったりすることもあります。会社の打ち上げなどのいい雰囲気の席の場合であれば、特に場の雰囲気を盛り上げていきたいとも思いますから、少し無理をしてしまうこともあるかもしれません。普段からよくお酒を嗜むという人であっても、やはりたまに何かストレスが溜まったりなどして、どうしても気晴らしのためなどに飲みすぎてしまうことなどもあります。社会に出ればそうしたことはやはりありますから、うまく解消していくようにしたいとは思いつつも、どうしてもついとコップにお酒を注いでしまったりします。

酒は飲むものであり、飲まれるものではありません。飲みすぎを防ぐには、食事と一緒に飲むようにしたり、出来るだけ小さめのカップやお酒などを用意するといいでしょう。次の日の二日酔いぐらいであれば可愛いものですが、肝機能にまで影響を与えるぐらいになると大変です。大人になれば、自分自身で進んで飲むようになったりもしますし、人から誘われて飲むという機会も数多くあります。付き合いなどもありますから、断れないときもあるかもしれませんが、自分の健康のためには時には今日は用があるとか、やんわりと断ってみるのも大切です。美味しく飲んでまた次へとの活力になるように、そんな素敵なお酒の飲み方が出来るような大人になりましょう。