飲みすぎに注意して適量を飲んで健康維持

人間の身体はほとんどが水分で出来ていますが、水分を余計にとると身体に異変がでる事があります。よく言われるのがお酒で、お酒は好きな人により毎日飲んでいてつい飲みすぎてしまうものであります。特に強い人はいくらでも飲めるので、限界を知らない感じです。自分はあまり強くないので毎日飲む事はないのですが、お酒はご存知の通り飲みすぎると肝臓を弱らせたり、免疫力を低下させる事が知られていて、胃腸への負担や何といっても二日酔いがあり、長年大量に飲み続けると個人差にもよりますが、かなり身体への負担は大きいと言われます。いつまでも健康でありたいなら、お酒はほどほどに飲む事は言われており適量が一番かと思います。忘年会などのイベント季節になると、ついその場の流れで普段飲まない人が飲みすぎて、急性アルコール中毒になるケースがあるので、流されないように自分を抑えながら、美味しいお酒を飲みたいものです。

お酒の飲みすぎは有名でありますが、これ以外でもコーヒーなどカフェインも注意が必要と聞いた事があります。身体に害するものでもあり、適量に飲めば健康である飲み物で、脳の疲労防止になり活性化したり糖尿病のリスクも下げるそうです。まだまだ効果がる病気はあるそうで、防止にもつながるコーヒーは健康に良い飲み物であり、もちろん毎日適量が一番の効果だと思います。腹八分目と言う言葉があるように、お酒、コーヒーなどの飲み物もそこそこで抑えて健康で明るい生活をしたいものです。